放射線を出すラジオアイソトープという元素を含む薬を注射したり、飲んだりして検査をするのが、核医学検査だそうです。それらの薬は特定の臓器や病気に集まってくるそうで、それを体外から撮影するそうです。薬の種類で、正常な臓器に薬が取り込まれる様子を観察したりするそうです。

逆に病変に薬が集まる様子を撮影するということもあるそうです。薬の種類だけ核医学検査はあるそうです。撮影方法で大きく分けると、臓器に集まる放射性同位元祖の放射能を計測するだけの検査、放射線をシンチカメラという測定器で検出して二次元画像をつくるシンチグラフィー、三次元的なデータを収集して断層像おつくるSPECT検査、陽電子を放出する核種を用いたPET検査があるそうです。シンチグラフィーにはとても多くの種類があるそうです。

骨シンチグラフィー、脳槽、甲状腺、肺、心臓、肝、骨髄、腎などの臓器のシンチグラフィー、ガリウムやタリウムなどの腫瘍シンチグラフィー、消化管の出血源を探す出血シンチグラフィーなどがあるそうです。SPECTはおもに脳や心筋の検査で使われるそうです。脳血流SPECT,心筋SPECTなどです。PETはFDG-PETで、各種組織の糖代謝を調べることができるそうです。ガンや炎症の存在を診断するのに用いる検査だそうです。FDGというのは、ブドウ糖に類した構造を持つ薬剤・フルオロデオキシグルコースというものだそうです。これは体内ではブドウ糖を多く消費する組織に集まるそうです。一般的に悪性腫瘍などはブドウ糖を多く消費するそうです。FDGはこれらの病変に集まってそこから放射線を放出するということで、体外でその病変がわかることになるそうです。

放射線物質をも用いた診断について

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です