動脈硬化とは実は総称のようなもので、さらに細分化される。粥状硬化(アテローム硬化)・中膜硬化・細動硬化の3種類に分けられるのだが、一番問題になるのが粥状硬化で、一般的に動脈硬化と呼ばれているのがこれである。

コレステロールなどが血管壁に溜まり、血液の通りを狭め、血管を詰まらせてしまうのが動脈硬化だ。動脈硬化は狭心症や心筋梗塞・脳出血・脳梗塞・下肢の壊死等を引き起こし、日本人の死因の3分の1は動脈硬化が原因となる病気なのである。この数値だけでも、動脈硬化がいかに恐ろしいものかご理解戴けたのではないだろうか。

では、その動脈硬化を調べる動脈硬化検査であるが、この検査から具体的にどのようなことが分かるのだろうか。

これまで、動脈硬化の進行度を数値化するというはできなかったが、それを行える検査機器が新たに開発されたのだった。PWV検査とABI検査という。これはベッドに横になり、両腕と両足首に血圧計を取り付けるだけの簡単な検査だ。痛みなどもなく、所要時間も5分ほどの為恐れる必要はないと思う。

PWVとは腕から足首までの脳波の伝わる速度の事で、動脈が硬いほどその数値は高く出る。すなわち、数値が高いほど動脈硬化が進んでいることになる。
一方ABIというのは腕の血圧と足首の血圧の比であり、この値が低いほど下肢の動脈が狭くなっていることを示している。

つまり、下肢閉塞性動脈硬化が進行しており壊死を起こしやすい状態になっていることが知り得る。このほかにも、頸動脈を超音波検査で映し出し血管の詰まり具合を調べることが可能である。

現在はかなり普及している検査である為、希望すれば病院や診療所でも検査を受けることが出来るようになっている。

動脈硬化検査

投稿ナビゲーション


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です