「心エコー」またの名を「心臓超音波検査」という。

人の耳では聞き取る事のできない周波数の超音波を心臓に向かって発し、返ってくる反射波(エコー)を画面に映し出すことで心臓の動きや形を観察し異常がないかどうか調べる検査である。X線撮影のような放射線による体への害や負担はないため、繰り返し行える検査だ。

さてこの心エコーだが、検査目的が2つある。

まず1つ目が、心臓の形の異常を発見するための形態的診断。

そしてもう1つが、心臓の働きを見る機能的診断だ。

心臓というのは常に拍動し続けているが、その動いている状態でも観察することができる有用な検査機器なのである。この検査から心室・心房の大きさや壁の厚さ・動き・弁の形態や動きなどを知ることができる。

方法は様々あるのだが、例えばカラードップラー法を行うと心臓中の血液の流れを映し出すことが出来たり、弁の異常の有無であったり、壁に穴があいていないか等も発見することが可能だ。

他にもPW法・CW法などがあり、心臓内の圧を推定することも可能となっている。検査の流れとしては、エコーという事もあり皮膚にゼリーを塗る。胸にプローブと呼ばれる超音波発振装置を取り付け、胸部と手首足首に電極を取り付け心電図と共に計測していく。

所要時間はおよそ10分から30分ほど、苦痛や副作用などもなく、且つ絶食等の準備も必要ない検査となっている。

この心エコーや心電図・聴診といった検査結果をもとに診断確定を行い、適切な治療を進めていく。

また、動脈硬化が原因となっているのであれば、食生活や日頃の生活習慣を改める必要もあるだろう。主治医の指示に従い、治療に努めてもらいたい。